インテリア・日用品

ひとり暮らしにおすすめのウォーターサーバーを厳選!

ひとり暮らしのウォーターサーバー

地方から都会に出て新しい生活がスタートした方は、水道水が美味しくなくてびっくりしていませんか?
今は都会の水道水も美味しくなっていると言われていますが、自然の水を飲んでいた人は特に、塩素等の臭いが気になるようです。
また配管の老朽化も問題になっており、交換時期を過ぎているのに放置されているところもたくさんあると話題になっています。
配管

実家では水道水を飲んでいたのに、新生活ではわざわざ水を買わなくてはいけない。
まとめ買いすると安いけど、荷物は重いし、水代もばかにならない。
飲み水はミネラルウォーターだけど、料理は仕方なく水道水。。。

そんな方も多いのではないでしょうか。
そのような悩みを一気に解決してくれるのがウォーターサーバーです!

ウォーターサーバー選びのコツ

  1. サーバーのレンタル料
    メーカーによって、更には同一メーカーでも機種によってレンタル料が変わってきます。
    安いものは単純に「冷水」と「温水」のみ。
    高いものは「常温」や「高温水」、赤ちゃんのミルク作りに便利な「70度水」まで作れたりします。
    自分が必要な機能をよく考え、レンタル料と照らし合わせて選ぶ必要があります。
  2. 水の購入ノルマ
    ひとり暮らしの場合は、特にここを気を付けなければなりません。
    サーバーのレンタル料が0円でも、このノルマを達成できないが為に1,000円近く請求されることもあるのです。
  3. スキップのしやすさ
    スキップとは、水の配送を止めることです。
    水は定期的に送られてくるので、在庫が溜まったり長期で出かける時は自分で配送を止めなければなりません。
    そのスキップ方法が電話だとどうでしょう。
    「ただいま大変込み合っております。しばらく経ってから…」というお決まりのフレーズが流れるとイラっとしませんか?
    学校や仕事の都合で、コールセンターの営業時間になかなか電話ができないこともありますよね?
    スキップの申請をネットで行えるメーカーもありますが、電話のみというメーカーもあるので、きちんと調べておく必要があります。
    今回は電話のみというメーカーは除外しました
  4. デザイン
    ひとり暮らしの部屋は自分だけの城。
    好きなもの、気に入ったものしか置きたくない方も多いのではないでしょうか。
    せっかくインテリアを統一していても、ウォーターサーバーで台無しになったら残念ですね。
    しかしデザインがキレイなものはレンタル料が上がる傾向にあります。
    デザインとレンタル料を天秤にかけて選ぶようにしましょう。

ひとり暮らしにおすすめなウォーターサーバーはこれ!

水道直結型ウォーターサーバー

水道水から直接サーバー内に水を引き込み、内部のフィルターでろ過してミネラルウォーターにします。
自然の水が地層でろ過されるのと同じ原理です。
このウォーターサーバーの利点は、水を買わなくていいこと。
つまり水の購入ノルマはありません
また水のボトルを保管する必要もないので、ボトルを置くせいで部屋や収納場所が狭くなる心配もありません。
空になったボトルを捨てる手間もありません
毎月かかる費用はサーバーのレンタル料のみです。
設置時は今使っている水栓に分岐栓を接続して水を引き込むのですが、それはスタッフの方がしてくれるので心配いりません。
引越しの際も簡単に原状復帰できるので、賃貸でも安心して使えます。

新時代ウォーターサーバー!【Purest(ピュレスト)】

  • レンタル料:2,980円(税別)
    ※新規設置時は初回金10,000円がかかります。
  • 給水種別:「冷水」「温水」「常温水」が使え、加熱機能で95℃まで対応
  • 水の種類:ミネラルウォーター
    ※純粋にする場合は+1,000円(税別)

ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

  • レンタル料:4,900円(税別)
  • 給水種別:「冷水」「温水」
  • 水の種類:RO水
    ※ミネラルウォーターではありません。
    余分なミネラルを含まないのが特徴で、赤ちゃんやペットにも安心して使えます。

定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

  • レンタル料:3,980円~(税別、機種による)
  • 給水種別:「冷水」「温水」「常温水」
    ※機種によっては「冷水」「常温水」のみの場合もあるので注意。
  • 水の種類:RO水
    ※ミネラルウォーターではありません。
    余分なミネラルを含まないのが特徴で、赤ちゃんやペットにも安心して使えます。

ノルマなしのウォーターサーバー

ボトルを購入するタイプのウォーターサーバーでも、ノルマなしのメーカーを選んでおけば安心です。

ノルマ無し、解約金無しのウォーターサーバー【シンプルウォーター】

  • レンタル料:0円!(キャンペーン中)
  • 給水種別:「冷水」「温水」
  • 水の種類:天然水
  • 水代:18Lで2,250円(税別)
    ※500mLあたり62円
  • 水が1袋6Lなので女性でも扱いやすい(他メーカーでは1袋12Lが多い)
  • 半年に一度、別売りの洗浄水(1,583円)を使って内部洗浄する必要あり

\市場シェアNo.1!/アクアクララのウォーターサーバー

  • あんしんサポート料:1,000円~2,000円(税別)
    ※金額は機種によって変わります。

安心サポート料の内容

  1. 専門スタッフ対応
  2. 設置サービス
  3. メンテナンス
  4. 故障対応

これには必ず加入しなければなりませんが、その代わり上記のサービスで追加料金が発生することはありませんし、サーバーレンタル料もかかりません。

  • 給水種別:「冷水」「温水」
  • 水の種類:RO水
  • 水代:12Lで1,200円
    ※500mLあたり50円

アルピナウォーター


  • レンタル料:572円(税別)
  • 給水種別:「冷水」「温水」
  • 水の種類:天然水
  • 水代:12Lで1,050円(税別)
    ※500mLあたり44円
  • メンテナンス費:無料

ノルマはあるけどクリアしやすいウォーターサーバー

ノルマがあってもクリアすればペナルティは課せられません。
ひとり暮らしでもクリアしやすい量のノルマなら心配しなくて大丈夫です。

コスモウォーター

  • レンタル料:0円
  • 給水種別:「冷水」「温水」
  • 水の種類:天然水
  • 水代:24Lで3,800円(税別)
    ※500mLあたり79円
  • ノルマ:2ヵ月以上連続して配送停止する場合は1ヵ月800円(税別)
  • 配送停止方法:マイページか電話
  • メンテナンス費:無料

まとめ

ひとり暮らしでウォーターサーバーを取り入れる際、見落としがちなのが水の購入ノルマです。
サーバーのレンタル料やメンテナンス費の安さにつられて選んでしまうと失敗してしまうことがあります。
飲み切れない水が増えて部屋を狭くしてしまったり、やむなく配送を一旦中止して追加料金を請求されてしまう可能性があるのです。
そのせいで便利なウォーターサーバーの導入を後悔したり、やむなく手放すことにもなりかねません。
その時に解約金を取られてしまうと更にダメージですね。。。

そうならないためにも以下のことを念頭に置いて、自分に合ったウォーターサーバーを選んでください!

  • 水道直結型にし、そもそも水の配送がない
  • 水の配送ノルマがない
  • ノルマはあるが、十分クリアできるレベル


 





ABOUT ME
mizuki
主婦のブログです。 3歳年下の主人と、ネコ(スコティッシュフォールド、♂)と、熱帯魚で楽しく暮らしています。 好奇心旺盛でいろんな物を試してみるのが好きなので、試した感想、調べた感想、やってみた感想、読んでみた感想等、たくさんのことをどんどん書き溜めていきたいと思っています。 よろしくお願いします!