インテリア・日用品

<レビュー>ケルヒャーK2クラシックの使い方と使用感

ケルヒャーの箱の中身

新築の引き渡し後、何かと必要になるだろうと購入したケルヒャーK2クラシック
いろんなことに使ってみたのでレビューを書きます。

ケルヒャーとは

1935年に設立されたドイツの会社で、清掃システム・機器を販売しています。
また同社が製造販売する商品のブランドメーカーです。

日本法人は1988年に「ケルヒャージャパン」という名前で設立されました。
日本では高圧洗浄機、スチームクリーナー、窓用バキュームクリーナーが有名です。
ちなみにうちは窓用バキュームクリーナーも購入しているので、またレビュー記事を載せたいと思っています。

ケルヒャーの家庭用品の市場シェアは65%と言われています。

高圧洗浄機とは

特徴

100V電源でモーターを回し、水を高圧で噴射する清掃機器です。
水の圧力は普通の水道圧力の約40倍ありますが、同じ時間使用した場合、水の量は1/3~1/4に減らすことができます
高圧の水を使用することにより、少ない水の量で、短時間でキレイに汚れを落とすことができます

洗浄できるもの

  • 網戸・ガラス
  • 車・バイク・自転車
  • ブロック塀・コンクリート地のコケ等

水の圧力に耐えられるところならどこでも使えるので、家の庭回りの清掃に重宝します。
どこをするにも、一度目立たないところで試した方が安心して使えます。

ケルヒャーK2クラシックとは

ケルヒャーK2クラシックの箱

高圧洗浄機ケルヒャーK2クラシックについてまとめます。

特徴

  • 軽量でコンパクトな設計になっているので、女性の私でも軽々持てる
  • 付属品が必要最低限なので初心者向き
  • 操作が簡単

スペック

最大吐出圧力 (MPa) 8
吐出水量 (L/h) 330
最高給水温度 (°C) 最大40
モーター入力 (kW) 1
本体質量(アクセサリー除く) (kg) 3.8
寸法(長さ×幅×高さ) (mm) 393 x 171 x 243

標準装備アクセサリ

  • トリガーガン
  • 1ジェットノズル
  • 高圧ホース(5m、本体と1ジェットノズルを結ぶホース)
  • 給水口フィルター(本体内部取り付け済)
  • 本体側カップリング(水道ホースと接続する時に使用する)

必要なもの

  • ケルヒャーK2クラシック
  • 100V電源
  • 水道
    ため水を使う時は、別売りの自吸用ホースとフィルターが必要です。
  • ホース(本体と水道を結ぶホース)

ホースは付属していないので、ご家庭にない場合は購入しておかないといけません。
ケルヒャーでも売っていますが、結構な値段がするので、ホームセンター等で購入することをオススメします。
その際は、ホースが水圧で破損しないよう、高圧ホースを購入しましょう。
内径が15mmのホースならどのメーカーのものでも大丈夫です。

組み立て

  1. トリガーガンと高圧ホースを接続する
    下の写真の赤丸にある、黄色の留め具を写真のように引き出します。
    トリガーガンの留め具
    上の写真の赤丸の中にある穴に高圧ホースを差し込みます。
    トリガーガンと高圧ホースを接続
    黄色の留め具を戻せば接続完了です。
    接続完了
  2. 1ジェットノズルを取り付ける
    1ジェットノズルをトリガーガンに差し込み、下の写真の赤丸の部分を90度回します。
    1ジェットノズルの取り付け取り付け完了
  3. 本体に高圧ホースを接続する
    本体の接続口に高圧ホースをまっすぐ差し込み、ナットを締めます。
    本体に高圧ホースを接続する
  4. 水道ホースと接続する
    本体の給水口にホースを接続します。
    説明書では本体側カップリングという部品も使うようになってましたが、うちのホースはカップリングなしで接続することができました(かなり無理矢理感はありましたが^^;)
    ホースを接続する
    これで全ての接続が完了です。
    全ての接続が完了

使ってみた

家の周りの様々なところで使ってみました。

勝手口の階段

勝手口の階段が鳥のフンで汚れています。
汚い階段

そこにケルヒャーをかけると、みるみる汚れが落ちていきます!

あっという間にキレイになりましたー!!
家の引き渡し直後を思い出します。
キレイな階段

洗車

洗車の時もケルヒャーを使ってみました。

砂やホコリがどんどん洗い流されていきます。
洗浄剤はスポンジを使って塗布しましたが、ケルヒャーを使用して塗布することもできます。

ケルヒャーを使って洗浄剤を塗布する方法は以下の2つです。

  1. 洗浄剤吸引ホースを洗浄液の中に入れ、ノズルを外して使用する方法
    洗浄剤吸引ホース
    これが洗浄剤吸引ホースです。
    これは最初から本体についています。
  2. 別売りのフォームノズルを使用する方法
    これは洗剤を泡状にして噴霧できるそうです。

ケルヒャーを使って泡を塗布すると、泡も高圧で出てくるので、スポンジでゴシゴシしなくてもいいのかもしれません。
次回洗車時は①の方法でやってみようと思います。

最後はまたケルヒャーで泡を洗い流し、水を拭きあげれば完成です。

今まで洗車時に使っていたものは、下の写真のもので、ホームセンターで買ったノズルです。

今までのノズル

これとケルヒャーは水圧が違いすぎて、洗車がかなり楽になりました。

 

玄関

玄関にも謎の汚れがありましたが、一瞬で落ちました。
どこに汚れがあったか全く分からなくなりました。

玄関タイル

玄関の角にクモの巣があったので、それもケルヒャーの高圧の水を直接かけて流しました。

これで玄関はスッキリです。

ウッドデッキ

ウッドデッキにも鳥のフンが。。。

ケルヒャーの水をかけると、おもしろいくらいスルスルと落ちていきます。

まとめ

とにかくケルヒャー1台で、家の周りが見違える程キレイになりました。
本体は割と小さいのでそこまで期待していなかっただけに、その威力にかなり驚きました。
本当に買って良かったと思っています!
最大吐出量8MPaは、高圧洗浄機としては弱い部類です。
しかし威力は十分だと感じました。
それに弱いからこそ洗車にも網戸にも使えるのです。
威力が強すぎると塗装をはがしてしまったり、網目を壊してしまう可能性がありますからね。

音に関してですが、私はあまり気になりませんでした。
ただそれは、うちが他の家と隣接していないからかもしれません(畑、田んぼに囲まれています^^;)
ですので集合住宅の方は気になるかもしれません。
昼間に1時間くらい使用する程度なら許容範囲だとは思います。

ネット上の評価まとめ

他の方々のレビューもまとめておきます。

高評価レビュー

僕には充分すぎる物でした!コスパいいですね!コンパクトだしこのくらいの値段がいいと思いますね!予想は心配だったけどすごい汚れとれる!
何年も気になっていた塀の黒ずみが面白いぐらいきれいに落ちました!もっと早く買えばよかった!
前使っていたのに比べ静かで驚いた!また軽いので扱いやすい。一万円しなかったのですごくお得でした。
マンション住みなので、ベランダ掃除には気を使います。大量に水を流すのは規約で禁止なので。
こちらを使うと、少量の水で簡単に綺麗になるので非常に助かります。
音は集合住宅ではやや気兼ねするレベルです。エアコン掃除や排水溝掃除の時によく聞く音で、日中に断続的に計2時間程度で済ませるなら許容範囲かなと思います。
アイリスオーヤマのホースリールを使ってバスルームのシャワーホースに繋げて使っています。
本体の電源を切った状態で握ってもスプレーランスからはかなり鋭い水が出てくるので、適宜に入り切りしながら使っています。
今、駐車場を洗浄していますが、この1台で充分だと実感しています。

10年前、結構高価なK3.を買いました。
とても良く洗浄できたのですが、当時の代物としては音がうるさく、かつ、すぐに接続部(プラスチック製)が水圧で壊れ、取り回しが良くなかった記憶がありました。

安価なこのモデルを試しに買ったのですが、音もさほど気にならず、洗浄力も10年前のK3と大差ない。軽いから持ち運びも便利だし、これで充分だと思いますね。

低評価レビュー

自吸ホースを使ってでバルコニーを掃除しましたが、ホースが丸まったままで、まっすぐにならないので電源コードと絡まりとても使いにくいです。
水圧は、普通の先が細いホースとあまり変わらないように思います。
音だけはうるさく、ガッカリでした。
以前のものと比較して安価でしたので購入しましたが価格なりのパワーでした。

圧力ホースも洗車にはちょっと短かったかな?

購入してすぐに使ってみました。
車の汚れも落ちるもの(苔)もありましたが水垢までは落ちませんでした。
以前は上位機種を使っていましたが 壊れて買い換えました。
とにかく うるさいです。近所迷惑のトラブルにならないように
気を付けましょう。
モノは悪くない。
洗剤タンク付きで先の噴出が調整できるタイプが100円程度しか変わらないであったのを知ったら、とてもとてもがっかりしました。

そんな理由で星3つ減点です。

一応、掃除のプロですが、日常使用の目的で使う分にはケルヒャー自体は悪くないです、コンパクトで助手席の足元に置いてまた運びできるレベル。

水圧も価格で見たらコスパは高いと言えるでしょう。

ですが、この商品ではなく、同じ型の洗剤タンク付きをオススメします。

まとめ

低評価の原因は、やはり音と威力のようです。

集合住宅で使用する場合は、使用する時間帯に気を付けた方がいいかもしれません。

威力はもっと強いものもあるので、使いたい場所によっては強い方がいいかもしれません。
ただこれくらいの威力だと、洗車や網戸掃除にも使えるので私はこれでいいと思っています。

最後のレビューに書かれていたのはケルヒャーK2クラシックプラスのことですね。

確かにこれには洗浄剤タンクがついています。
ケルヒャーK2クラシックの進化版ですね。
私は洗浄剤を使うことはほぼないし、ケルヒャーK2クラシックでも洗浄剤吸引ホースを使えば洗浄剤の塗布ができるので安い方を選びました。

高圧洗浄機を使えば、簡単に短時間で家周りの掃除ができます。
是非このスッキリ感をお試しください!





ABOUT ME
mizuki
主婦のブログです。 3歳年下の主人と、ネコ(スコティッシュフォールド、♂)と、熱帯魚で楽しく暮らしています。 好奇心旺盛でいろんな物を試してみるのが好きなので、試した感想、調べた感想、やってみた感想、読んでみた感想等、たくさんのことをどんどん書き溜めていきたいと思っています。 よろしくお願いします!